ABOUT of Zushi Marina Yacht Club

SN320194.jpg

逗子マリーナヨットクラブとは


逗子マリーナヨットクラブは、逗子マリーナに艇(セーリングクルーザー、モータークルーザー)を所有するオーナー及びクルーで構成される任意団体であり、ハーバーの事業主体であるリビエラリゾート(逗子マリーナ)との人的、資本的関連はございません。
 ただし、逗子マリーナを活動拠点としている為、定期的なミーティングを行うなどしてそれぞれの運営に協力をしております。

 1985年に逗子マリーナヨットクラブは設立されました。
当初は10名程のオーナーの集まりでしたが、90年代には会員数200名程度の規模までとなり、現在の会員数は100名程度です。(2013年現在)
 1994年に逗子マリーナ本館1階のスペースを逗子マリーナより賃借し、1995年よりクラブハウスを設置、クラブ活動の拠点として活用しています。
 また、対外的な活動としては、初島ダブルハンドヨットレース、逗子レガッタの主催や他ヨットレース開催の協力、安全講習会、体験セーリング等イベントの開催や海事思想の普及を行っております。